この一週間くらいのおれのどきどきはなんだったんだろうか。

 

女の子とメールができた、と舞い上がって、寝る間も惜しんで返事をしてたりした。
モテキがきたともおもって、一人だけでなく数人の人と同時にやりとりもしてみた。
なんだか自分がかっこよくなったのかと勘違いして、街中でも女の子に声をかけられるんじゃないのか?って思ってしまった。

 

実はそんなことはなかったのだ。
モテキだと思っていたのは、幻。
彼女が欲しい、と思っていたおれの純情な気持ちは踏みにじられたのだ。

 

無料の出会い系サイトの罠に。

 

結局、無料というのは方便で、なんとかユーザーに課金をさせよう、というのが狙いらしいっていうのがわかってきた。

 

大金をつぎ込む前に気付けてほんとによかった。

 

ポイントをたくさん買って、結局だれとも会えない、っていうんじゃ踏んだり蹴ったりだもんな。

 

最初は全く気付かなかった。
自分がメールをしている相手がただのサクラだったなんて。
だって、昨日見たテレビの番組とか、いま流行のお笑い芸人とか、普通に話せていたんだよ?
これで話がはずんでいなかったら、怪しいなってもっと早く気づいていたかもしれないけど、メールの会話は楽しかったんだ。
しかし、それが甘い誘惑だった。

 

このサイトじゃ話せなくなっちゃったから、もう1つのサイトで話そうか。メルアドも交換できるから。。。
なんて言われたこともあった。
いざ登録してみたら、一回のメール送信で数百円かかることにきづいて、すぐ辞めた。

 

こんなこともあった。
あるサイトに登録しようとして、
利用規約を読んでください。って書いてあったから読んでみたら、、、
このサイトに登録すると次のサイトにも自動的に登録されますって書いてあって、
ポイント有料制のサイトが10個くらい書いてあった。
危ないにもほどがある。