メールも楽しいんだけど、こう、時々ひと肌が突然恋しくなって、布団を人のかわりに抱きしめちゃったりして(笑)。
こういうときにピュアな掲示板じゃなくて、エッチな募集の掲示板も覗いちゃったりするんだよね。
メールをしている子には悪いんだけど、俺も男だから仕方ない。性欲は抑えられないだ。

 

それにしても、書きこみのタイトルだけでもかなりエッチなのがあるんだな。
私のxxにxxして!とか、これを読んでるだけで興奮しちゃうよ。
良く読むと、うまく書いてるなって思うのもある。
割り切りには対価を要求しているわけなんだけど、その書き方がうまいなって思った。

 

たとえば苺って書いてるのがあったんだけど、これは数字の15のことらしい。
1万5000っていうのを隠すために使ってるんだって。
割り切りって言葉を買えても、援助交際ってことになっちゃうかもしれないから、
そこはうまく切り抜けるようにしてるんだな。これはなかなか関心したな〜。

 

そういえば、登録してから、そのエロい書き込みをしてる人から、よくメールがくるんだよな。
こういうのは注意したほうがいいってレビューサイトにも書いてあったな。
あからさまにエッチな書き込みをしてる人の中には、業者が紛れているって。
デリヘルの業者が出会い系サイトの書き込みを使って、お客さんを集めちゃうって話。
男は、業者とは知らず、素人の女の子メールしてたと思ってたら、実は女の子になりすました業者の男のスタッフとずっとメールをしてたってがっかりすることもあるらしい。

 

割り切りっていっても、やっぱりそこから仲良くなって彼女になれるっていう期待も持ってるわけだから、業者には当たりたくないな。

 

彼女の作り方を体験するには、そういう書き込みもうまく避けることが必要なんだな。